セフレと本命との違いってなに?行動などから判断する両者の違いについて紹介

セフレと本命との違いってなに?行動などから判断する両者の違いについて紹介
徳島セックスフレンドといえば体だけの関係であるということは多くの方が知っている事実かと思いますが、ではそれ以外の部分では具体的にどのようなことが違うのだろうと疑問に思ったこともあるのではないかと思います。実は本命にはしてセフレにはしない行動があるなど、両者には大きな違いがあるのです。

まず違いの1つが連絡関連のお話です。男女問わず、本命相手には今日あったことなどちょっとした雑談などをしたり、お互いの希望を尊重しつつ次に会う約束をするかと思いますが、セフレ相手にはそのようなことはありません。
基本的には時間と場所を指定する事務的な連絡のみで、愛のある雑談などはほぼありません。友人感覚でのやりとりはあるかもしれませんが、本命相手とは空気感が違うでしょう。

また、本命相手とは日にちの設定を綿密にすることが多いという人であっても、セフレはその時の気分で呼び出したりするということもあります。全体的に扱いが雑なのがセフレなのです。

実際に会ったときの内容もまた、本命とセフレの違いが大きく出るところです。本命と会うということはデートをするという場合が多く、ショッピングを楽しんだり映画をみたり、どこかへでかけたりと一緒に過ごすことが目的です。一方のセフレの場合、会うイコールセックスをするということに直結するため、本命のように特別な思い出を残すことは難しいでしょう。食事程度はあるかもしれませんが、それも運動前の腹ごしらえといった様子です。

キスの有無という以外な違いもあります。実は男性であっても女性であっても、セフレとはキスをしないとしている人が意外と多いのです。たまに行為中などにする人もいますが、それはあくまで性的な気分を高めるため、あるいはすでに高まった結果であるため、相手を愛おしいと感じてする本命のキスとはかなり違いがあるといえるでしょう。

このように本命とセフレにはなかなかにわかりやすい違いがあります。自分は本命として付き合っているつもりだったのにもしかすると相手はセフレ感覚なのでは、このように疑うことがあれば、違いについて考えてみるのもよいかもしれませんね。

一体どうやったら見つけられるの?セフレが欲しい人に伝授したいセフレの探し方

したい時にセックスする関係、セックスが好きな人ほど魅力的に感じるはず。けれど、おおっぴらに「セフレが欲しい!」なんて募集している人はほとんどおらず、見つけたくても見つけにくいのは、まさに恋人以上ともいえるでしょう。
でも、世の中にはセフレを常に絶やさないという人もいるほどで、セフレを見つける人がいるのであれば、きっとそこには見つける為のコツがあると思うのは当然のこと。
ここでは、高確率でセフレを見つけられる方法を、その理由とともにご紹介!

最も高確率なのは「出会い系」

SNSが今や当たり前となった現代。出会いを見つけるのなら、やはり「出会い系サイト」は無視できません。
実際、セフレというちょっと公にしづらいような関係ほど、最初はほぼ匿名で活動できる出会い系サイトは、まさにうってつけの探し方の1つ。
ただし、出会い系に登録しプロフに「セフレ募集」と書いたからといって、すぐに見付かるというわけではありません。
なぜなら、セフレを探している女の子ほど、最初はとても警戒心が高いから。誰でも見られるようなプロフに「セフレ募集」と書くような男性は、女性から見て「ただヤリたいだけの男」としか移りません。
セフレを求める女性ほど、セフレと一緒に居る間の時間を最も重要視します。例えば、会話が面白かったり、興味深い話ができたり、物腰が優しく一緒に居て落ち着くなど、どこか1つでも良いので「自分と一緒に居ればこんなに満たされるよ?」と伝わるような行動を心がけられれば、出会い系サイトはセフレ捜しのベストといえるでしょう。

好みの相手が見つけやすいナンパ

出会い系が広まるまでの男女の代表的な出会いの場でもあったナンパ。今でこそ、真面目な恋愛目的を探す方法としては出会い系サイトにやや水をあけられた状態ですが、それでもセフレというちょっと特殊な関係を求める方法としては、特にオススメ。
なぜなら、ナンパなら最初から相手を見知っておけるため、例えば好みの相手を集中的に探したり、直接会話をして相手を知ったりなど、ダイレクトな接し方ができるから。
上手く会話を持って行ければ、即日で関係を結ぶ事だって可能かも?
ただし、ナンパで相手をゲットするには、人並み以上に努力や行動力が求められるので、そこに自信がある人にだけ薦められる方法ともいえるでしょう。

意外にセフレを作りやすい友人関係

ちょっと意外なセフレの探し方としてオススメしたいのが「友人の異性」から探す方法。
特に、今付き合っている恋人や過去に付き合っていた恋人の友人から探すと、意外なほど簡単にセフレまで持っていけることがあります。
理由はいくつかあって、まず第一の理由が「初対面ではない安心感」。
ナンパや出会い系のような初対面の人とはじめましての状態から関係を作っていく方法と比べ、恋人の友人であれば全く初対面でもなく警戒感もやや和らぐので、その後の会話やアプローチも持って行きやすくなります。また、友人と思っていたいた人からいきなり大胆な「セフレってどう?」なんて言葉を投げかけられたら、多くの人は驚くでしょうが、中には興味を示す人がいるやもしれません。
いずれにしても、今の恋人に対する背徳感が薄い人や、恋人元恋人繋がりの異性が周りに多い人は、そこから狙ってみるのも1つ手かも?

根気と努力がセフレ捜しの基本

セフレ捜しにうってつけな3つの方法をご紹介しました。
それでも、方法自体を知り活用しても、それはセフレ捜しの第一歩に踏み込んだにすごません。そこから本当にセフレを見つけられるかは、あなた次第なのです。
特に、ただ単にセックスという繋がりだけで維持される関係だからこそ愛情という心強い味方に頼れない状況のなか、セフレを満たすためには並々ならぬ努力と根気が欠かせません。

メリットばかりが気になるけれど、セフレを作るときのデメリットってある?

バレたときに結婚相手や恋人を失うことがある

結婚相手や恋人がいるときにもセックスする相手が欲しい時に、セフレを作る人がいます。
このようなときに本命の相手にバレてしまうと、別れるきっかけになることがあります。
感情が入っていないセフレと、感情がともなう浮気が違うと説く人もいますが、嫌なものには違いありません。
大切なものを失う可能性があります。

妊娠したり性病になったりもする

セフレがいるような人は、性の活動が活発なことも多く性病をもっていたり、行き過ぎた行動により結果的に妊娠してしまったり、体に変化が起こることになります。
本命の人にバレて発覚する場合は最悪ですし、もし自分がフリーな場合も思ったようなことでないとパニック状態になるかもしれません。
本来性行為はそのようなリスクが起こることが範囲内なのですが、羽目を外し過ぎてしまうと違うことが起こったりもします。
本来のパートナーとおこなわないことでのリスクはさらに大きいです。

時間を使いすぎて本命が見つかりにくい

セフレは好きという感情がないだけで、一緒に居る時間を共有したり、セックスをすることによって恋人のような感覚になることがあります。
しかも遊びだと最初から割り切って始める分、恋人というプレッシャーもなくなりお互いが居心地関係になりすぎてしまい、本命の相手を探すことが無くなってしまいます。
今は恋人は欲しくない、必要がないと思っている人なら良いのですが、結婚を考える様な適齢期になると時間を無駄にしてしまうことになります。
時には自分の置かれている状況を冷静に見ることも必要です。

好きになった時に苦労する

セフレは付き合わなくてもセックスができるという関係です。
男性の中にはそれを目標に彼女を作りたい、必要だと感じている人も多く、セックスできればよいと考えている人もいます。
そのような相手を好きになってしまうと、自分と付き合いたいと思ってもらえるためにかなりの苦労をすることになります。
セフレはそれ以上になれないことも多いのですが、惚れっぽい性格の人は注意した方が良いです。